サイトマップ  │English  │文字サイズ 
  • ホーム
  • 企業情報
  • IR情報
  • 社会・環境活動

IR情報

研究開発・設備投資

  • 研究開発
  • 設備投資
  • 研究開発

    研究開発活動

    当社グループは、「創造と革新により『豊かさとやさしさ』のある暮らしの実現に貢献するヒューマンカンパニーを目指す」という経営理念のもと、健康で安全な生活の実現のためにご利用者一人ひとりにふさわしい機能をもった創造性豊かな「付加価値のある商品」の提供を企業の使命と考え、研究開発活動を行っております。また、フランスベッド株式会社では、海外及び国内の「薬機法」規制に対応するため、平成18年度に取得したISO13485/ISO9001の認証機関による認証取得の継続維持を行うとともに、輸出相手国から求められるコンプライアンスへの対応を行うため、商品の開発から販売に至るQMS(Quality Management System)を機能させ、一層の品質改善に努め、お客様から信頼される企業グループを目指してまいります。

    研究開発費

    (百万円)
      研究開発費 メディカル
    サービス事業
    インテリア
    健康事業
    2018年3月期 207 156 51
    2017年3月期 214 160 53
    2016年3月期 215 156 56

    当社グループの研究開発費の総額には、フランスベッド株式会社スリープ研究センターの人間工学・医学面からの健康に関する寝具や睡眠についての総合研究等の基礎研究費が含まれております。
    また、基礎研究活動において、「ベッドと寝心地」や「病院/介護におけるベッド機能の評価」など大学や病院等の研究機関との共同研究を引き続き行い、健康的で快適な眠りとやすらぎの生活環境の提案を行ってまいります。

    メディカルサービス事業

    当事業においては、介護ベッドを安全にご使用していただくためにJISベッドの拡充を行うと同時に、業界団体と協力し、注意喚起の啓蒙活動を行いました。
    在宅介護向け商品では、自動寝返り機能で床ずれを予防し、介護負担を軽減する「自動寝返り支援ベッド FBN-640」を開発するとともに、超低床リクライニングベッド「FLB-03」を改良し納品時に組み立て易くした「FLB-04R」やフレームの8分割化により、一人納品の労力軽減が図れる電動介護ベッド「エスポア」を開発し市場に投入いたしました。また、新たな介護ベッドの研究開発にも努めております。
    シニア世代に向けたブランド「リハテック」では、益々増加傾向にある認知症の方をサポートする高機能、高付加価値商品や、元気な高齢者(アクティブシニア)向け商品の開発に重点を置いております。アクティブシニア向け商品として、2本のポールを利用し歩行することで健康維持や体力増強につながるノルディックウォーク用の杖「アドバンスポール」の展開やシルバーカー「ラクティブ」のラインナップ拡充、また、おしり専用のマッサージクッション「快尻」などを開発し市場に投入いたしました。
    病院、福祉施設向け商品としては、介護者の負担を軽減することをテーマに開発した自動体重測定機能などを有するベッド内蔵型の見守りロボット「見守りケアシステム M-2」や経管栄養、円背への対応のため、ベッドの背上げ・脚上げを行った状態で体圧変換できる「自動寝返り支援ベッド FB-640N」を開発し市場に投入するとともに、価格競争力のある病院向けベッド「FBD-N936/SU」を新たに展開いたしました。
    今後も、様々な様態の介護を必要とされる方や介護に携わる方の利便性や安全性を追求した福祉用具や介護ベッドの開発を行うとともに、認知症の方をサポートする商品やアクティブシニア向け商品の開発を継続的に行ってまいります。

    インテリア健康事業

    当事業においては、ベッドを中心に高齢化社会への対応を図るとともに、高機能・高付加価値を追及した商品開発を行っております。
    ベッドでは、マットレスの端を当社独自の技術で強化し、安定感のある寝心地を実現した「プロ・ウォール」仕様のマットレスを新たに6機種開発し市場に投入いたしました。
    また、販売が好調な電動リクライニングベッドにおいては、マットレス本体がリクライニングする電動リクライニングマットレス「ルーパームーブ」の新モデルとして「RP-2000 BAE」を開発するとともに、電動リクライニングベッド「プレオックス NEO」を開発し市場に投入いたしました。
    さらに、こども用寝具ブランド「vivo・step(ビボ・ステップ)」を新たに展開するとともに、シニア向け畳ベッド「タタミーノエルダー」を開発し市場に投入いたしました。
    ベッドフレームなどに使用されている木製品については、シックハウス症候群などの環境安全に配慮した「F☆☆☆☆(エフ・フォースター)仕様」を拡充するとともに、木材の違法伐採問題に対応するため、合法木材供給事業者の認可を受け、環境への配慮にも努めております。
    リビングでは、デザイナーブランド「Vivant(ヴィヴァン)」シリーズを新たに展開するとともに、高機能ソファベッド「MOVEin'terior(ムービンテリア)」シリーズとして「SDE-01」及び「ピッツ ソファ」を開発し市場に投入いたしました。
    寝具類では、東レ株式会社の防滑性生地を採用したズレにくいベッドパッド「らくピタ羊毛ベッドパッドⅡ」を開発、また、自社の高い品質基準を満たす羽毛ふとん「JOORYU(じょうりゅう)」シリーズに夏掛け用の「メロウケットN」をラインナップに加え、市場に投入いたしました。
    今後も、さらなる高機能・高付加価値を追求したインテリア商材を開発してまいります。

  • 設備投資

    設備投資の概要

    当社グループは、「有望なマーケットへの効果的な資金の投入」及び「生産効率向上による原価低減」を図ることを目的とした設備投資を実施しております。

    設備投資額

    (百万円)
      2017年3月期
    通期実績
    2018年3月期
    通期実績
    2019年3月期
    通期計画
    設備投資額 4,809 3,898 4,100
    レンタル資産
    工場生産・物流設備
    ソフトウェアの取得
    土地の取得
    その他
    2,822
    503
    1,359

    124
    3,155
    352
    298
    -
    92
    3,500
    400
    100
    -
    100
    減価償却費 3,730 3,886 4,100

    メディカルサービス事業

    有望なマーケットを持つメディカルサービス事業の成長戦略としての投資を3,497百万円実施しております。
    その主なものはフランスベッド株式会社のレンタル用の資産に対する投資であります。

    インテリア健康事業

    生産効率向上のための投資等を390百万円実施しております。
    その主なものは、フランスベッド株式会社の東京工場、兵庫工場等のベッド等生産設備に対する投資であります。

    その他

    主にショールームの改修として15百万円実施しております。