サイトマップ  │English  │文字サイズ 
  • ホーム
  • 企業情報
  • IR情報
  • 社会・環境活動

IR基本方針

当社は、経営、財務、事業などに関する会社情報を、株主・投資家・証券アナリストをはじめとするあらゆるステークホルダーの皆様に対し、迅速、正確かつ公平な開示を適切に行うことに努めております。さらに当社の事業活動を幅広くご理解していただくとともに、株主価値の向上に資するIR活動をめざしてまいります。

1.基本方針

当社では、東京証券取引所の定める「有価証券上場規程」および金融商品取引法などに沿って、情報開示を行っています。また、適時開示規則などに該当しない情報についても、投資家や一般の方への情報開示が有益と判断する事柄については、適切な方法により、できる限り迅速かつ公平に開示することを基本としております。
当社は、当基本方針を実効あるものとすべく、情報管理委員会を設置いたしております。情報管理委員会は、会社情報の管理・統制、開示情報の決定(子会社情報を含む)を目的とし、委員長には当社取締役(情報取扱責任者兼務)がその任に当たり、当社各室長、子会社総務部長・管理部長が委員に選任されております。

2.情報の開示方法

有価証券上場規程に該当する情報の開示は、同規程に従い、東京証券取引所への事前説明の後、適時開示情報開示システム(TDnet)にて公開します。TDnetにて公開した情報は、速やかに本ホームページに掲載することとしています。
なお、PDFファイルやその他ツールの準備の都合上、これら情報の本ホームページへの掲載がTDnetにおける公開時期より多少遅れることもございます。また、有価証券上場規程に該当しない情報を開示するに当たっても、適時開示の趣旨を踏まえて適切な方法によりできる限り正確かつ公平に当該情報が一般の投資家に伝達されるよう配慮を行っております。
したがって、当社の開示情報の確認をされたい場合には、本ホームページと共にTDnet等他の情報も合わせて参照していただきますようお願いいたします。

3.将来予想について

本ホームページに掲載されている情報には、フランスベッドホールディングス株式会社およびグループ各社の業績に関する将来予測の記述が含まれております。こうした記述は、将来の業績を保証するものではなく、リスクや不確実性を内包するものであります。将来の業績は、経営環境の変化などにより、目標と異なる可能性があることにご留意ください。

4.本ホームページの位置づけ

本ホームページは、インターネット上で当社の情報を検索されたい方々を対象に、その便に供する為に開かれています。公平な情報開示のために、情報の公開後できるだけ速やかに当該情報を本ホームページに掲載しておりますが、情報通信技術上の障害等により掲載時期が遅れることもあるため、本ホームページにおける情報開示は、あくまで補助的なものとして位置付けております。
また、本ホームページには当社がディスクローズしている情報の全てが掲載されていない場合があります。
また、他の方法で開示された情報とは異なった表現の仕方をしている場合もあります。
本ホームページを利用されるにあたりましては、これらを十分にご理解頂いた上でのご利用をお願いいたします。

5.投資判断について

本ホームページに掲載している情報は、株主や投資家の皆様に当社の経営方針、業務内容、財務状況等をご理解いただくことを目的としており、投資判断の助言や投資を勧める目的で掲載してはおりません。投資に関するご判断は、ご自身の責任において行われますようお願い申し上げます。

6.12時間ルールについて

インサイダー取引規制上の公表措置の充足要件である金融商品取引法施行令第30条に基づき、会社情報が東京証券取引所ホームページの「適時開示情報閲覧サービス」に掲載された時点で、インサイダー取引規制上の公表措置が完了することとなります。
従って、適時開示規則に準拠した会社情報、若しくは投資判断に影響を与えると当社で判断した重要な会社情報につきましては、東証の「適時開示情報伝達システム(TDnet)」において適時・適切に開示し、その後すみやかに本ホームページに当該情報を掲載いたします。

7.沈黙期間

当社では、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算発表予定日前の2週間を「沈黙期間」とし、この期間につきましては決算に関するコメントや質問への回答を控えております。
ただし、「沈黙期間」中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、開示規則に従い適宜公表することとしております。